読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画を2本観てきました\(^o^)/

おはようございます!

 

今日もどんより曇り空ですね。。

ただ、夜中に雨が降ったようで、今は若干晴れ間も見えます\(^o^)/

 

実は最近、毎朝4時に起きてランニングしていまして。

今は10km走っているのですが、これにはいくつか理由があります。

フルマラソンに出たい!

・社会人生活が始まるまでに体力をつけておきたい!

・老化を防ぐ。。(まだ21歳ですがww)

 

朝に走っちゃうので、昼間に眠くなることもあるんですが、けっこう良い影響も出始めていて、

・歩ったり階段登ったりしても疲れなくなった!

・にきびが減った!

・若返ったねって言われるようになった!

 

などなど。

この調子で頑張ります\(^o^)/

 

 

 

さて、本題に移りましょうか。

 

実は最近、就活も終わり、ネクストアクションを起こすまでの期間としてゆっくりした時間を送っていまして、

先日、新宿のシネマカリテって映画館で、

「夏実のホタル」と「エクスマキナ」の2本を観てきました!

 

実は私、1人映画がけっこう好きで、ふらっと観に行くんですね。

というのも、映画って1人で楽しめるものじゃないですか。それをわざわざ友だちと日程合わせて観に行くのは面倒くさいなという。。

 

 

と、まあそれはおいておいて。

今回の主題は、これら映画の感想です\(^o^)/

 

まずは「夏実のホタル」から。

 

あらすじとかその辺は、グーグル先生に聞いていただくとして。

まず思ったのが、

「静かな映画だな。」

ということ。

 

もう本当に静か。よくある起承転結的なウェーブがあるわけでもなく、淡々と時が流れていく感覚にひたることができます。

 

物語の舞台は、夏の、自然豊かな田舎。

そこで、静かに暮らす老親子と、都会の大学生とのやりとりを通して、「親子の絆」が描かれます。

 

正直、内容に深みがあるかというと、個人的には感じられませんでしたが、

・何かに追われて心が狭くなっている人

・何かに追われて忙しいけど、大事なことを見失いそうな人

にとってもおすすめです。

 

 

 

 

次に、「エクスマキナ」の感想を。

 

これはもう、最後の最後で「こわっ!」って思わされる映画です。笑

AIとプログラマーとのやりとりが描かれますが、正直、私自身も作中のAIに騙されていました

 

今、テクノロジーの発達が著しいですが、AIの良い影響よりも悪い影響を懸念する声も多いとおもいます。この映画も、1つの警鐘なのでしょうか。

 

私個人の考えですが、人類はこれ以上の発達が必要とは思えません。

先進国は十分に発達しきっていて、あとはこれをいかに後進国に広めていくかだと思っています。

 

確かに、テクノロジーの進化の結果、医療技術も発達し、移動手段も高度になりました。

でも、倫理観が医療技術の発達に追いつかなかったり、移動手段が高度になった結果忙しなくなってしまったり。

 

とはいえ、この流れはもう止まらないでしょう。

大事なことは、「昔はよかった」と言わないよう、1人ひとりがアンテナを張り続けていくことなのでしょう。

 

 

 

 

さてさて。

次はどんな映画を観ようかな〜\(^o^)/